ホーム > おおたにすくすく日記
花まつり

 

今日は、延期となっていた『花まつり』を行いました。

本来なら幼児組全学年が参加する行事でしたが、年長組が代表で参加しました。

花まつり (45).JPG花まつり (37).JPG

 

『花まつり』とは、お釈迦様がお生まれになったことをお祝いする日です。

おめでとうという気持ちを込めてお参りをします。

花まつり (38).JPG花まつり (35).JPG

 

PTA会長であります、池浦さんからご法話をしていただきました。

「なぜ?」「どうして?」の気持ちを大切にしましょう。

いろいろな事、物にはちゃんと意味があるということを知りましょう。

というお話に今,自分たちでいろいろな事を作り上げている年長組にとっては心に

響くお話でした。池浦さんありがとうございました。

花まつり (39).JPG花まつり (40).JPG

灌仏といって、お釈迦様に甘茶をかけます。

お釈迦様がお生まれになった時、甘い雨が降ったと言われています。

昔高価であった甘いものが皆さんにも届きますようにという願いも

あるそうです。

花まつり (43).JPG

 

最後は、みんなで『お釈迦様』のうたを歌いました。

おめでとうの心はきっとお釈迦様に届いたはずです。

花まつり (36).JPG花まつり (34).JPG

 

みんなで甘茶も飲んでみました。

「苦い」「私は好き」などいろいろな感想が出ていました。

花まつり (6).JPG花まつり (8).JPG

 

「とても体にいいものなんだよ」と伝えると、苦いといいながらも飲んでいる

年長組でした。

花まつり (29).JPG花まつり (9).JPG

 

年中組は、花まつり後花御堂を見たり、お釈迦様の誕生についてのお話を担任の先生から聞き、甘茶も

飲みました。「おいしい!」という声が多かったようです。

年少組の子ども達も来年は一緒にお祝いができたらいいですね。

一人ひとりに誕生日があり、みんな大切な"いのち"です。生まれてきたことに感謝することに気づかせて

いただけるのが『花まつり』です。

ぜひ、おみやげの金平糖を食べながら、お子さんとお話してみてくださいね。