ホーム > おおたにすくすく日記
11月生まれさん、おめでとう!

11月のお誕生会がありました。

 

朝から楽しみにしていた子ども達。「お楽しみ会は、何かな?」「もしかして...!」と、みんなで想像を膨らまし、盛り上がっていましたよ。

 

インタビューで、すみれさんには「最近、できるようになったことは何ですか」という質問をしました。

小学校に向けて「足し算」や、最近幼稚園で覚えた「ドッチボール」「ゴムとび」が出来るようになったと教えてくれました。

少し難しい質問でしたが、自信を持って答えてくれた子ども達は、たくましかったです!

ゆりさんは、「5歳になってできるようになったことはなんですか」、ちゅうりっぷさんは、「今日の夜ご飯で何が食べたいですか」の質問に

最近食べられるようになった「ブロッコリー」「ちりめん」が食べたいと教えてくれました。

 

IMG_0745.JPG IMG_0746.JPG

 IMG_0747.JPG IMG_0748.JPG 

 

お楽しみ会は、発表会でゆり組さんが発表すた「15ひきのねこ」のパロディー、「3びきのねこ ふくろのなか」を見ました!

先生たちが、ねこに変身して出てくると「わぁ~!!」と歓声があがりました。

 

「ウヒアハとねこ達が仲良くなれるかな?」の場面では、子ども達からの提案で「指切り」をすることに・・・。

友達になったウヒアハとねこ達とで、お誕生日のお祝いをしましたよ。

IMG_0753.JPG IMG_0759.JPG

 IMG_0760.JPG IMG_0763.JPG

 

コーナー保育~秋のミニ運動会~

今回のコーナー保育は、「身体を思いっきり動かす」「じっくり遊びこむ」「スポーツの秋」(もう冬でしょうか...)

をテーマに、異年齢で運動を楽しむ会、『ミニ運動会』を行いました。

ラインナップはこちら↓↓

・相撲~大谷秋場所~

・お天気的当て

・ボーリング

・ゴムとび

・ゲーム大会

・絵本コーナー

でした。 いくつかのコーナーでの様子をお伝えします。

 

*相撲大会では、トーナメント方式で、各学年の優勝者、すなわち横綱を決めました。

 白熱した戦いがゆえ、物言いがついた取組も!

 子ども力士も紀子行司も真剣です。

 決まり手は、押し出し、寄り切りが多く、年長さんは上手投げもでたそうです。

 横綱になった子どもは、輝く優勝たすきをかけ、誇らしげでした。

IMG_0696.JPGIMG_0693.JPG

IMG_0681.JPG

 

*お天気的当てでは、ちびっこ気象予報士に変身。

 良く飛ぶてるてる坊主を、お天気的やお天気カゴに投げ入れます。

 明日雪遊びをしたいんだ...と、ずーっと雪マークを狙っている子どももいました。

 雷マークに入ると、「雷はイヤだぁーーギャーー」と雷のような悲鳴が。

 大谷天気予報、22日のお天気は、晴れ/雪になりました。

 (ホームページを更新している今現在22日朝、全くの外れ予想濃厚です。笑)

IMG_0657.JPGIMG_0687.JPG

 

*ゲーム大会では、『イス取り大会』と『なんでもバスケット』を行いました。

 イス取りゲームでは、タイミング、そして、「おしりパワー」が勝敗を左右しました。(ちょっとずるですが笑)

 全学年で行いましたが、ゆり組でも優勝する子どもが。ナイスおしり!!

 そして、なんでもバスケットには、40人ほど集まり、一躍大人気コーナーに。

 面白いお題を出す子どもに、一目散に椅子に座る子ども、お題を出したくて椅子を見つけられないふりをする子どもと

 いろいろな姿がありました。

 最後の方は「なんでもバスケット!」(全員が移動しなければいけません。)の連発で

 盛り上がり、たくさんのスマイルの中、幕を閉じたのでした。

IMG_0674.JPG IMG_0704.JPG

 

いろいろな運動遊びを通して、身体を動かすことの楽しさ、心地よさを感じてもらえたら...と考えています。

今回の活動が一つの"きっかけ"になってくれると嬉しいです。

また絵本コーナーには、絵本ボランティアのお母さま方にお手伝いをして頂きました。ありがとうございました。

IMG_0668.JPGIMG_0699.JPG

IMG_0669.JPGIMG_0670.JPG

なかよし発表会がありました!

大谷幼稚園の大きな行事の一つ、"なかよし発表会"。

お父さん、お母さんのみならず、おじいちゃんやおばあちゃん等々、

たくさんのお客さんに足を運んでいただき、今年も盛大に行われました。

外は落ち葉が舞う寒空ですが、

ホールは熱気ムンムン!半袖でも良いくらいでした(笑)。

さて、子ども達はどんな姿を見せてくれたでしょう・・・

 

IMG_0601.JPG

トップバッターはゆり組さん。

当たり前の事ですが、去年は年少組・・・一年でこんなにもたくましく成長するのですね。

♪パンパンパンパン、パ~ンパン・・・

と連日お家で熱唱し、「一体何の歌??」と思われたお母さんも

多かったのではないでしょうか?

この日のために温めていた名曲(?)なのでした。

ベルにも挑戦し、また一歩すみれ組さんに近づいたようです。

 

IMG_0530.JPGIMG_0532.JPG

IMG_0603.JPGIMG_0613.JPG

続いては、ちゅうりっぷ組さん。

初めての集団生活から早7ヶ月。

お母さんから離れられなかったお友達、もこもこおしり(オムツ)のお友達が、

今ではお友達と一緒に舞台に上がり、大勢のお客さんの前で熱演!

みんなでおいしいミックスジュースを作りました。

同じ振付をしているはずが、ポーズはバラバラ・・・

あっちを向いたり、ドキドキで固まったり、会場にいるお母さんに手を振ったり・・・

そこが三歳児らしくて何とも微笑ましかったです。

 

IMG_0547.JPGIMG_0625.JPG

IMG_0617.JPGIMG_0537.JPG

続いては、ゆり組さんの登場。

今年は、普段から親しんでいた絵本をモチーフに、二つのチームに分かれました。

こちらは「どうぞのいす」。

ロバさんが寝ている間に、どうぞのいすの上のごちそうが

巡り巡って変わってしまう楽しいお話。

子ども達はかわいい動物に扮し、お友達と意気を合わせて

去年よりもちょっぴり長めのセリフに挑戦。

もじもじしたり、堂々と演じたり、表現の仕方は人それぞれでしたね。

チーム別の活動を通して、またお友達とのかかわりも深まったようです。

 

IMG_0492.JPGIMG_0550.JPG

IMG_0552.JPGIMG_0630.JPG

こちらは年長・すみれ組の楽器チーム。

ファンタスティックコンサートを経験し、楽器への興味が高まっていた子ども達。

どの楽器にするかは立候補で決めました(大太鼓は男の子、鉄琴・木琴は女の子からの人気が集中)。

「この曲知ってるから簡単だよ~」と息巻いておりましたが、

みんなの音を一つにする、というところでなかなか苦戦。

速くなったり、バラバラになったりしながら、練習を重ね、本番を迎えました。

本番終了後、控室に戻る子ども達のほっとした顔には達成感があふれていました。

 

IMG_0565.JPGIMG_0635.JPG

IMG_0576.JPGIMG_0640.JPG

続いてはすみれ組・劇チーム。

日頃から子ども達に大人気の「エビカニクス」の体操をアレンジした今回の劇。

セリフはもちろんの事、ダンスあり、組体操ありと

体を存分に使った海の物語(わかる人にしかわからない表現ですね、すいません)。

舞台で大きな声が出るかな、恥ずかしがらずに演じられるかな?

そんな心配をよそに、子ども達は日々自信をつけ、

時間を見つけては互いに声をかけ、自主練習を志願するほど熱心でした。

その成果が本番にも出ていたのではないでしょうか?

セリフはあってないようなもの。自分で考え、気づき、お友達と舞台上で相談・・・

それが自然と出てしまうくらい、みんなで作った劇なのでした。

 

IMG_0584.JPGIMG_0489.JPG

IMG_0589.JPGIMG_0590.JPG

こちらはゆり組・「15ひきのねこふくろのなか」チーム。

「11ぴきのねこ」のお話がモチーフとなっています。

頭に大きなお耳、おしりにはかわいいしっぽをつけ、

すっかりねこになりきった子ども達は、お話の世界に入り込み、

みんなで演じる事を楽しんでいました。

セリフを言う前のドキドキは、総練習の時からこちらまで伝わってきたほど。

緑の衣装のウヒアハ役のお友達も存在感を放っていました。

 

IMG_0462.JPG

トリを務めるのは、やっぱりすみれ組。

と言いながら、こちらの写真は総練習の時のものを使わせていただいております。

(激しく動いた為、本番当日のものはかなりブレておりました)

「青い空に絵を描こう」は、年度当初から絶対歌おうと決めていた、子ども達にぴったりの歌。

手話、ベルも行い、力強さを見せつけました。

ご存じの方も多い「ホルディアクック」(別名・大工のきつつきさん)では

表情豊かな子ども達のやりとりに、会場からは温かい笑いも聞かれました。

子ども達にはそれも大きな励ましとなったことでしょう。

最後はサプライズで「スマイル」を熱唱。会場が一つになる雰囲気を、舞台袖からも感じられました。

 

大きな行事を経験し、また一回りも二回りもたくましたくなった子ども達。

これからどんな姿を見せてくれるか楽しみですね。

 

 

上へ戻る